hayabusa-kの日記

ブログ以外のこと

1930年代 

テレビで1930年代のシカゴを舞台にした映画が続けて放送された

ポール・ニューマンロバート・レッドフォードの「スティング」 
ケビン・コスナーショーン・コネリーの「アンタッチャブル

両方とも何度も観ているがそれでも見入ってしまう
基本的にこの手の映画が好きなのだ
時代背景、ファッションにも憧れがある

f:id:hayabusa-k:20211005204019j:plain
f:id:hayabusa-k:20211005203940j:plain

日本で言うと戦後の混乱期 
闇市を的屋が仕切り 博徒が縄張り争いをする 第三国人と言われた人達が勢力を強める
しかし警察力はまだ弱い 治安は悪い
そこに高倉健菅原文太らが出てきて男を魅せる
映画だから良く見せてるところはあるけど
日米のワルのカッコイイところが似ている

f:id:hayabusa-k:20211005204354j:plain

果たしてこんな時代だったら自分は生きられるだろうかと考える
体力はないし 勇気もないし そもそもカッコよくないし
だけど若い時から興味があってこの当時の話を聞いたり本を読んだりした
今の出来上がって安定した時代とは違って不安定な時代
今とは比べモノにならないくらい生命力が必要だったに違いない
映画を通してでもこんな時代があったことは覚えておきたい
また来るかも知れないから